平成30年度補正革新的ものづくり・商業・サービス開発支援事業補助金

平成29年度補正革新的ものづくり・商業・サービス開発支援事業補助金

1.予算額 800億円

2.補助金の要件

1)補助対象事業

足腰の強い経済を構築するため、日本経済の屋台骨である中小企業・小規模

事業者等が取り組む生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産

プロセス改善を行うための設備投資等の経費の一部を補助する。

2)補助対象者(ものづくりも商業・サービスも同じ要件)

(1)認定支援機関の全面的バックアップを得た事業を行う中小企業・小規模

事業者であり、以下の要件を満たすもの。

①「中小サービス事業者の生産性ガイドライン」で示された方法で行う革新的

サービスの創出・サービス提供プロセスの改善であり、3~5年で付加価値額

年率3%および経常利益年率1%の向上を達成できる計画であること。

②または、「中小ものづくり高度化法」に基づく特定ものづくり基盤技術を活用

した革新的な試作開発・生産プロセスの改善を行い、3~5年で「付加価値額」

年率3%及びお経常利益年率1%の向上を達成できる計画であること

3)事業概要

(1)一般型

①機械装置費、技術導入費、運搬費、専門家経費、クラウド利用費

②補助額上限1000万円/下限100万円

③補助率1/2、ただし先端設備導入計画をH30/12以降に新たに申請し

認定を取得もしくはH30/12以降経営革新計画の承認申請をし承認を

受けた場合は2/3(応募段階では計画申請中等で認める)

(2)小規模型

①機械装置費、原材料費、技術導入費、外注加工費、委託費、知的財産権等

関連経費、運搬費、専門家経費、クラウド経費

(3)補助率 小規模事業者2/3、その他1/2(上記③と同様の条件で2/3となる)

4)補助予定件数:約1万件

 

(上記の計画は、応募段階には計画申請中等で認める予定)
(出典:中小企業庁HPより)

各補助金・助成金によって、公募要領にそれぞれ違いがありますので、申請に当たっては必ず公募要領をご確認いただき、申請してください。

下記の流れの⑨⑨補助金・助成金の受領の段階で、指定口座に確定した助成金が支払われます。

<一般的な補助金・助成金の獲得の流れ>

①公募

手順1 すべての公式サイトでは詳細が公開されています。ただし、見つけ難いものもありますのでご注意ください。

②申請

募集要領に従って必要書類等を準備、受付期間中に申請書その他の書類を提出します。

③審査

通常、1~2ヶ月かかります。書類審査に加え、「ヒアリング」(面談)の二段階審査となることもあります。

④採択決定

採択決定通知が到着します。

⑤交付決定

申請内容の微調整を行った後、助成金額が確定します。通常は若干減額されます。

⑥補助金・助成金の事業期間開始

この期間の経費が助成あるいは対象のとなります。
期間中は助成事業や補助事業で発生する経費とそれ以外とをしっかりと仕分けしておく必要があります。
領収書の管理、発注等助成金の会計処理には注意が必要です。
助成・補助期間中は対象の事業を進めるだけではなく、中間検査などの視察、報告が入る場合があります。

⑦助成・補助期間終了

助成・補助期間の終了に伴い、完了報告をします。

⑧完了審査

完了報告に基づき審査が行われ、助成金の支払額が確定します。書類不備等で減額されることもあるので要注意。

⑨補助金・助成金の受領

審査終了後一定期間を経て入金されます。入金までの期間があるため、注意が必要です

お問合わせはこちら

Print Friendly, PDF & Email